保水力、無添加仕様、費用対効果...キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレが支持されるこれだけの理由

毎日のお肌のお手入れに欠かせないスキンケア用品、老け顔防止や美肌作りのためにもその配合成分には適当なところで妥協したくはないですよね?

 

もし金に糸目を付けずに美肌成分に徹底的に拘ってスキンケア用品を選ぶことが出来たら、満足のいくものが見つかるかもしれません。でもそれを毎日使い続けていくことを思うと、家計の負担になるような高価な物にはなかなか手が出ないでしょう。

 

 

だからつい、「費用対効果の良い化粧品ってないの?」と思いたくなりますが、そんな人にイチオシのアイテムがここで紹介するキレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレなのです。これは所謂オールインワン化粧品ですが、他にも沢山売り出されている同じタイプのケア用品の中で、敢えてこれをおススメするのは、主に次の5つの理由があるからです。

 

  • 植物エキスに偏らずに作られている
  • 安全で、しかも潤い効果の優れた馬プラセンタを配合している
  • セラミドなど保水力の高い成分を含んでいる
  • 無添加仕様
  • 費用対効果が高いこと

 

この5つのポイントについて、もう少し詳しく説明を加えていきましょう。

 

植物抽出成分について

 

植物から抽出したエキスを何種類も配合しているオールインワン化粧品というのは、結構見かけますよね。そうした商品は植物抽出エキスの種類の多さをアピールしているみたいですが、実際にはこれらは溶剤で植物の成分を薄めたものだったりするのだとか。だからそうした成分を数だけ揃えても大して効果が上がる訳ではないのです。

 

確かに植物エキスにも色々な効果が認められているみたいですが、一方で専門家の中にさえ、その効果を疑問視する人がいるのもまた事実なのです。キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレに含まれている植物抽出エキスは10種類以下。他のオールインワン化粧品と比較すると少ないのですが、これはあまり効果の期待できない植物由来の成分を何種類もいれても意味がないからなんです。

 

馬プラセンタについて

 

 

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレの美容成分の特徴は、植物抽出の成分よりも馬由来の成分にあると言って良いでしょう。馬油や馬臍帯エキスもそうですが、特に注目して欲しいのは馬プラセンタです。

 

実は動物の胎盤であるプラセンタが今、化粧品業界などから肌のたるみや皺の改善に役立つとして熱い視線を集めているのだそうです。そんなこともあって、年齢肌対策としてこのプラセンタを配合した商品も続々と売り出されるようになっていますね。

 

ただそれらの原材料を調べてみると、牛プラセンタだったり、豚プラセンタであるのが普通です。でも牛や豚のプラセンタとキレイ・デ・ボーテに使われている馬プラセンタとでは、アミノ酸の含有量からして全然違うんです。何故アミノ酸が大切なのかと言うと、これこそがプラセンタの中でも保湿力アップのカギを握る成分だからで、実際に馬センタのプラセンタの含有量は豚のそれの数百倍にも上るのだとか。当然のことながら、潤い効果は馬プラセンタの方が比べ物にならない程、優れている訳です。このアミノ酸は、体内で天然保湿因子(NMF)を作るのに使われるので、肌の水分を維持するのに活躍してくれます。

 

もう一つ馬には豚インフルエンザや狂牛病のリスクがある豚や牛と比べて、病気に対する抵抗力が強いという特徴があるんですね。だから安全面の上でも信頼できるんです。そうした意味でもキレイ・デ・ボーテが馬プラセンタを使っている意味は大きいのです。

 

保水成分について

 

肌の水分が少なくなると、見た目の若々しさが失われて老けた印象になってしまいます。でも残念なことに年を取るにつれ、人間の肌からは水分が減り続けていってしまうんです。

 

その肌の潤いに関わっているのが、馬プラセンタの所でも触れた天然保湿因子(NMF)と、肌の表面で水分の蒸発を防いでくれる皮脂、それにセラミドなどで構成される細胞間脂質です。キレイ・デ・ボーテにはこのセラミドも含まれています。スキンケアでセラミドを補えれば肌の水分量もアップし、瑞々しさを取り戻すことにもなるでしょう。

 

保水力を高める成分としては、これ以外にもメドウフォーム油とかグリセリンも使われているので、これらもまた年齢肌対策に役立つはずです。

 

無添加仕様について

 

 

肌がデリケートな人が合成添加物の入った化粧品を使うと、過敏に反応してしまうものです。キレイ・デ・ボーテはそんな肌の弱い人でも問題なく使えるよう、パラベン、香料、鉱物油、アルコール、着色料、ポリマーそれに合成界面活性剤といった肌に負担になるような添加物を使わずに作られています。

 

だから他のスキンケア用品で肌荒れなどのトラブルをした経験のある人でも、刺激の少ないキレイ・デ・ボーテのプラセンタジュレなら、心配せずに使えると思います。「自分は敏感肌だけど、プラセンタジュレを使っても肌トラブルは全然なかった」という口コミもあるくらいです。

 

費用対効果について

 

 

美肌をキープしたいなら、毎日の肌のお手入れをサボる訳にはいきませんよね。それを生きている限り続けていくとしたら、若い人ならこの先何十年間もスキンケア用品を買い続けることになるでしょう。でも余程のお金持ちならともかく、普通の人ならケア用品を買うにも「コストを抑えながら続けられるのを」と思うはずです。そうした中、オールインワン化粧品が費用対効果を求める人達の間で人気を集めているという訳です。これ一つだけあればお手入れが完了するし、他の色々なアイテムを揃える必要もないことを考えれば、やっぱり安上がりですよね。

 

キレイ・デ・ボーテプラセンタジュレの通常販売価格は1本で4,980円です。これが実際にどれくらい費用対効果に優れているか、計算してみましょう。プラセンタジュレ1本で2カ月分(60日)なので、4,980円を60日で割ると1日あたりのコストは83円になります。朝夕2回お手入れをするとしても、毎日166(83円×2)円に過ぎません。

 

勿論、安いだけでなく品質の方もばっちりです。例えばこの商品の重要な配合成分にもなっている馬プラセンタですが、実は手に入りにいため、これを配合した化粧品などは高くつく傾向にあるのです。中には1万円を上回る商品もあるのだとか。

 

それを半額以下のお値段で提供しているプラセンタジュレって、やっぱり費用対効果に優れた商品なんだなーってつくづく感じてしまいますね。

 

愛用者の中には「コスパと言い、潤い効果と言い、これまで色々試してきた化粧品の中でもピカイチ」とプッシュする人も少なくないんだそうです。

キレイ・デ・ボーテ プラセンタジュレ

通販の定期購入コースと言うのは、一度申し...

トップページに戻る